社会福祉法人開設20周年記念及び特別養護老人ホームほたるの郷,翔和竣工式を開催するに当たり(ついこの間拝名されたばかりの)理事長山田美鈴が一言ご挨拶申し上げます。
当法人は平成7年3月3日に設立許可を受け、平成7年3月11日にケアハウスハートピア茅南台より事業開始致しました。前理事長山田一功の旺盛な事業意欲により、ひかりの里クリニックを開設、ケアハウス10名増員及びひかりの里訪問看護ステーション竣工し、創立5周年記念、続いて平成17年1月30日 めだかの学校ジュニア シニア竣工式及び10周年記念式典開催となるのです。児童養護施設が加わり老人と子供が一体となつた施設運営が行われるようになりました。
更に、平成21年1月17日 特別養護老人ホーム志麻の郷、湯村竣工式15周年記念式典と続き、この度の特別養護老人ホームほたるの郷、翔和に至るのです。
 この事業は平成26年7月昭和町への公募申請後、8月25日選定、10月28日入札、11月1日工事着工し 平成27年3月26日引き渡しを受け、4月1日事業開始となりました。 設計して頂いた進藤設計並びに施行して頂いた依田建設の並々ならぬ努力と精神力、実行力で完成させていただき、今日のほたるの郷,翔和竣工式及びひかりの里開設20周年をめでたく迎える事が出来ましたことを、法人役職員並びに関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。
 加えて本日の新聞で当法人理事稲垣正憲理事の瑞宝双光章の春の叙勲が報道されていましたのでこの場を借りてお祝い申し上げ、挨拶の言葉とさせていただきます。